保湿化粧品で潤いのある健康美肌へ

保湿化粧品で潤いのある健康美肌へ

お肌にとって乾燥は大敵です。

 

特に秋から冬は空気の乾燥も激しく、お肌にとってはダメージを与えやすい季節だといえます。

 

普段からのスキンケアで、保湿には気を使っていても、さらに丁寧に保湿を意識したケアをしたいものです。

 

乾燥したお肌はトラブルを起こしやすく、悩み肌の原因となってしまいます。

 

カサカサすることで、刺激に特に弱くなったり、また目もとや口もとなど、乾燥が原因で小じわができてしまったりすることもあるので、念入りに保湿を行いたいものです。

 

保湿化粧品ランキング http://www.emufarmsindia.com/

 

乾燥を防ぐためには、まずたっぷりと水分補給をすることが大切です。

 

それには化粧水で十分に潤いを与え、水分を蓄えられるお肌にしたいものです。

 

化粧水にもさまざまなものがありますが、保湿効果の高いとされている化粧水を使うことで、さらにしっかりと水分補給をすることができます。

 

 

 

保湿ケアは毎日かかさず丁寧に行うことがポイントなので、化粧品選びも大切です。

 

毎日たっぷりとケアするためには、あまり高価なアイテムだと負担になりがちです。

 

高価な化粧品を少しずつ使うよりは、リーズナブルなものをたっぷりと使うほうがよさそうですので、コストパフォーマンスの面でも検討した上で、自分にぴったりの保湿化粧品を見つけたいものです。

 

毎日の丁寧なスキンケアで潤いのあるしっとりとした健康肌を手にいれたいですね。

SK−Uのフェイシャルトリートメントエッセンスに勝る保湿化粧水はない

 

もうかれこれ20数年使用している保湿化粧水があります。

 

それは、SK−Uのフェイシャルトリートメントエッセンスです。

 

最初にこのSK−Uのフェイシャルトリートメントエッセンスに出会ったのは、就職してすぐの20代前半の頃でした。

 

丁度お肌が綺麗で有名だった桃井かおりさんがコマシャールに出ておられて気にはなっていましたが、自分よりもう少し年齢が上の人が使うもだと思っていました。

 

 

 

仕事場が一日空調の効いている窓の開かない高層ビルにあり、若くても肌の乾燥にとても悩んでいました。

 

同僚と化粧品の話をしていて、たまたま、超乾燥肌の子にこの保湿化粧水を勧められました。

 

その時使っていた化粧水の倍以上の値段だったので、少し迷いましたが思い切って購入して見る事にしました。

 

使ってみるとその効果はすごいものでした。

 

次の朝から肌がしっとりしていて、朝のお手入れにも使うと、一日経っても顔が突っ張った感じがしません。

 

 

 

また、暫く使ううちに肌荒れが全然しなくなり、ビックリした位です。

 

何度かこれはいいと言われた他のメーカーの物や、これよりも高い物もお試しで購入してみた事がありますが、やっぱりフェイシャルトリートメントエッセンスに勝るものはなく、結局またこれに戻ると言う事を続けていました。

 

今はこの他の物は使っていません。

 

保湿化粧品の浸透力をアップさせるには

 

秋冬シーズン、乾燥によるお肌のトラブルを防ぐために、保湿化粧品はなくてはならないアイテムです。

 

単に保湿化粧品を使うだけでも、お肌の乾燥予防にはなりますが、どうせやるなら浸透力を最大限にアップさせ、最大の保湿効果、美容効果を追求しましょう。

 

保湿化粧品を使う前に、お肌の前準備が必要です。

 

カラカラに乾燥したお肌にいきなり保湿化粧品を使ったとしても、浸透力はいまいちです。

 

夜、スキンケアをするならお風呂上り、お肌がみずみずしいうちに、朝や日中にスキンケアする場合は、蒸しタオルやスチーマーでお肌をみずみずしく潤わせてから行いましょう。

 

 

 

お肌の準備が整ったら早速スキンケアに入りますが、化粧品を手に取って、すぐに顔に伸ばすのではなく、一旦手に取った化粧品を体温くらいまで温めてから顔に伸ばすようにしましょう。

 

冷たい化粧品より温めた化粧品のほうが、お肌と馴染みやすく、浸透力がアップします。

 

顔に化粧品を伸ばした後、手のひらの体温を使って、やさしく丁寧にプレスします。

 

「浸み込め〜浸み込め〜」と唱えながら、顔全体まんべんなく丁寧に行います。

 

乾燥しやすい部分はより丁寧に時間をかけて行います。

 

ほんのひと手間かけるだけで、保湿化粧品の効果は倍増します。

セラミド配合の保湿化粧品で肌のトラブルを解消

 

季節の変わり目に、いつも使っている化粧品でニキビなどの肌トラブルが起きたり、髪や衣服の擦れで肌が赤くなってしまうという事はありませんか?

 

このような肌トラブルがある時は、もしかしたら肌のバリア機能が低下しているかもしれません。

 

肌の表面には0・02mという薄さの角質がラップのように肌を覆っていて、この角質がある事でメイク成分や紫外線などの外的刺激から肌を守ったり、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれるんです。

 

でも間違ったスキンケアや、不規則な生活などを続けていると、角質のキメが乱れてしまいバリア機能が低下してしまいます。

 

バリア機能が低下する事で、乾燥肌やニキビ、湿疹など、色々な肌トラブルが現れてきてしまうんです。

 

 

 

私も、ちょっとした事ですぐに肌荒れを起こしてしまい、それが悩みの種だったんですが、セラミドが配合されている保湿化粧品でケアしたところ、徐々に肌トラブルが改善されましたよ。

 

セラミドは元々、人間の皮膚などにある成分で細胞と細胞の間に、水分を溜めこむ性質があるそうです。

 

このセラミドが不足してしまうと、肌が乾燥し角質のキメが粗くなるので、バリア機能が低下してしまうのです。

 

スキンケアをしているのに、なかなか肌トラブルが治らないという場合、セラミド配合の保湿化粧品でケアすると、バリア機能が高まり、トラブルを改善できるかもしれませんよ。

ヒアルロン酸の配合されている保湿化粧品

保湿に欠かせない成分の一つが、ヒアルロン酸ですよね。

 

年齢を重ね、体の代謝が落ちてくることによって、ヒアルロン酸の生成されるスピードも落ちてきてしまいます。

 

ヒアルロン酸が減少してくると、一番症状が出やすいのが顔の肌です。

 

肌の弾力が落ちてきたり、乾燥によってシワやたるみなどの衰えを感じるようになってしまうのです。

 

ヒアルロン酸の減少を食い止めるためには、保湿化粧品を使用することが一番手軽な方法です。

 

けれど、ヒアルロン酸が配合されているから安心というわけではありません。

 

 

 

保湿化粧品に配合されているヒアルロン酸には、様々な大きさのものがあるのです。

 

その大きさによって、肌への効果に違いがでてきます。

 

分子量の大きいヒアルロン酸は、肌の表面に留まるため、肌表面に潤いのバリアを作る効果があります。

 

逆に、分子量の小さいヒアルロン酸の場合は、肌の奥まで浸透することで、肌の内部の保水力を高める効果があるのです。

 

ですから、大きさの異なるヒアルロン酸が数種類配合されている保湿化粧品を選ぶと、肌の内側も外側も、しっかりと保湿することができるんですよ。

 

保湿化粧品と言っても、その成分は様々、同じ成分を配合していてもその効果の出方も様々ですから、細かいところまでチェックしてから、商品を購入するようにするといいですね。